頼る事の大切さ。

頼る事の大切さ。

こんにちは。

SPINNSプレス(SPINNSのブランド広報)部の弓削(ゆげ)です。

今日は、私がプレスになる前(販売員時代)~現在までのお話をしようかなと思います。

 

皆さんが抱く“プレス”の印象は、どのようなものでしょうか?

プレスになる前に私が抱いていた印象は、“すごく華やかなイメージ”でした。

 

私は高校生の頃から、ファッションのお仕事に興味があり、

特にプレスのお仕事にすごく憧れを感じていました。

 

いつか、プレスのお仕事がしたい!

そう思い、高校を卒業してすぐ“SPINNS原宿竹下通り店”に入社しました。

 

↑入社してすぐ、同期と撮ったプリクラです(笑)

 

約5年半、販売員を経験し、

24歳の頃に長年の夢でもあった、プレスに移動することになりました。

 

↑大好きなSPINNS原宿竹下通り店のスタッフ♡

 

移動した当初は、とにかく毎日、

与えられた仕事をこなすことで精いっぱいでした。

 

親しい上司もいなかったので、

分からないことがあっても誰にも頼ることが出来ず、一人で悩むことが多くありました。

 

そんな日々が続いていく中で、いつしか、

プレスのお仕事が自分に向いていないのではないかと感じ始めました。

 

自己卑下ばっかりで、自信をどんどん無くしていった私は、

ミーティングの場で初めて、上司に泣きながら弱音を吐きました。

 

でもそれから、

何かが吹っ切れたように、周りの上司や部下を頼れるようになりました。

 

私の弱い部分も、受け止めてくれる仲間が周りにいることが分かった今、

怖いものは何もないな~と感じています。

 

そして、今は上司からも頼られるようになっています。

 

自分が周りを頼るようになると、

周りも自分を頼ってくれるんだな~と改めて感じることが出来ました。

 

 

私は今、ファッションショーのスタイリング、スタイリスト様への商品貸出、

商品販促、ビジュアルのディレクション等を行っております!

 

特にファッションショーのお仕事は、本当に楽しいです!

自分がスタイリングしたものを、モデルさんが可愛く着こなしてランウェイしている姿や観客の皆さんが喜んでいる姿を見ると『はぁ~、この仕事をやっていて良かったな~』と感じます!

 

プレスのお仕事は、本当に色々なことをやります!

実は華やかに見えて、地味な仕事だったりします、、(笑)

でも私は、プレスのお仕事が大好きです♡

 

今の目標は、【私を見て、プレスに憧れてくれる子を増やす事】です!

そして一緒にお仕事出来たら、なお嬉しい♡♡

 

まだまだ、プレスの人間としては未熟ものですが、

私なりに楽しみながら学び、今以上に成長していきたいなと思います。


BACK