【次世代アーティストコラボ】SPINNS×:DISPURPLE @SPINNS京都本店

【次世代アーティストコラボ】SPINNS×:DISPURPLE @SPINNS京都本店

1月25日から1月31日に、SPINNS京都本店にて「SPINNS×:DISPURPLE」のイベントを開催しました。

 

「:DISPURPLE」とは、、、:DISPURPLEを拡大するというムーブメントを起こす目的で結成された次世代ART CREW。

2019年京都で、高校の同級生であるアオザキアロハと髑髏辺エイジにより結成。

「:DISPURPLEの一員が表現活動で想いを伝えることでアートに携わりたいと思う人を増やしてゆく、そしてそのような人達には:DISPURPLEの表現者として参入してもらう。

この連鎖の繰り返しにより:D(笑顔)の輪が拡大し、最終的には世界がARTと笑顔で満ち溢れた場所なることを私たち:DISPURPLEは望む。」というコンセプトと想いを持ち、活動を行う高校生です。

 

彼らとは、「未来フェス」という60代から小学生まで、世代を超えて、自分の事業や活動を元にその方が描く未来のプレゼンテーションが聞ける時間や様々な業界のキーパーソンからお話を聞いたり、聞くだけでなく、自分のやりたいの思いの丈を語れるような場で出会いました。

そこで彼らの想いやアート活動の難しさを聞き、「応援したいなー!」と思ったのがきっかけです。

 

そこから再度、別の場でお互いの想いを伝え合い、京都本店の店長にもこの企画に加わってもらい、今回のイベント企画がスタート!!!

2人は現役の高校生なので週末や学校終わりに何度も打ち合わせを行い、お互いのアイディアをいっぱい出し合いました!

 

1月25日には、:DISPURPLEの2人にかけつけてもらい、京都本店のステージを使ってのライブペイント。

 

また、期間中は京都本店を:DISPURPLEがジャックしたということで店内のマネキンも仮面を被っての営業。

 

期間中は2人の家族、友達など多くの方に足を運んでもらったと同時に、京都本店にご来店いただいた多くのお客様にアートを見てもらい、楽しんでもらえた期間となりました。

ちょっとした出会いから、お互いの想いに共感し、一緒に共創するプロセスの中で僕自身も多くのこと感じさせてもらう素敵なイベントとなりました。

 


 

運営スタッフコメント

SPINNS京都本店店長 大田夏美

 

今回「SPINNS×:DISPURPLE」のイベントのお話を頂いたのは、12月頃でした。

その頃、実は私自身悩んでいました。

スピンズ京都本店には大きなステージがあるのですが、今よりもっとお客様との触れあえる場所にできないか?と模索していた時だったのです。

お話しを頂いた時は、私自身にとっても京都本店での初めての試みだったため、どんな化学反応が生まれるのだろうとワクワクと同時に不安もありました!

 

そこから弊社の岩月と「:DISPURPLE」の2人と打ち合わせをし、1月25日SPINNS京都本店がOPEN!!!

そうすると、OPEN間もなく続々とお客様が、、、、

2人のライブペイントが完成に近づくにつれ、ドンドンお客様が増えていきました!!!

ライブペイント中も沢山のお客様、2人のお友達、ご家族に楽しんで頂けた時間となりました。

 

そして、ライブペイントが始まったAM11:00から9時間後、、、、、

 

 

 

完成!!!!!!!

 

 

完成と同時に沢山のお客様、2人のお友達やご家族からの歓声と拍手でライブペイントが終了しました。

私自身この光景を体感し、すごい感動に包まれたのを覚えています。

こんな沢山の方に喜んでいただけるステージでありたい、そんなお客様との繋がりを作り続けていける、SPINNS京都本店でありたい!

色んな思いが湧き出てきました。

 

ライブペイントが終了し、そこから作品展示が1週間スタート!!!!!!

この作品の展示期間も2人のお友達、沢山のお客様が足を止め作品をご覧頂けた期間となりました。

「:DISPURPLE」の2人の高校の後輩たちがSPINNS京都本店に来られ、「私たちも3年生になったらこんなステージで展示会をできるようになりたいね!」と夢を語り合っていました。

 

「:DISPURPLE」の2人には、これからもチャレンジを沢山し続け、後輩たちにも、沢山の方々にも夢を与えれるインフルエンサーであり続けてほしいと心から思いました。

私たちSPINNS京都本店もお客様との繋がりの場としてこのような取り組みを続けていき、沢山チャレンジし成長していきたいと思いました。


BACK