若者の「好き」を実践で、共に学び経験する授業 @静岡デザイン専門学校

若者の「好き」を実践で、共に学び経験する授業 @静岡デザイン専門学校

静岡デザイン専門学校とは、レクリエーションから、先生方との会議など様々なお取組をさせて頂いてます。

 

今、大きな軸としてお取組してるのがSPINNSのアーティストとのコラボアイテムを展開する「STEE」。

STEEでの静岡デザイン専門学校との取り組みも2年間で、3回行いました。

 

この「STEE」プロジェクトの内容を簡単にお話しますと全学生から希望者が手をあげ、作品をつくってきて、プレゼンをして頂きます。

その中から数名採用させていただき、商品化(Tシャツ、パーカー、ステッカー、モバイルケースなど)し、SPINNS店舗、公式通販、ZOZOTOWNでプロのアーティストさんたちの中で一緒に販売するという企画です。

 

このお取組をしている理由は4つあります。

①学生のうちに、自らチャンスを掴みにいく (チャレンジ)

②学生のもってる、エネルギー、発想、リアルクロージング (共創)

③学校内の学科、学年の枠を超えて、学校の在り方を学生がつくる(新しいと面白いを生み出し続ける)

④ビジネスになると、デザイン力だけでなく、様々な力が必要になることを実践で学ぶ (共に成長しあう)

 

そして「STEE」を筆頭にSPINNSが、静岡デザイン専門学校と永くお付き合いさせて頂けてるのはお互いに会社、学校の「理念」に共感し、わかちあい、共に成長し育んでいきたい。

という想いが一致し、共創しつづけてるからです。

 

 

 

2020年中発売(現時点発売日未定)の、STEEの採用者も決定しましたので、SPINNSのHPなどでチェックしてみてください。

 


 

運営スタッフコメント

永井佳祐

 (株式会社ヒューマンフォーラム/SPINNS ZOZOTOWN担当 / 公式通販カメラマン / STEE DESIGNER)

 

静岡デザイン専門学校とのお取り組みは、私が静岡出身で授業のアドバイザーとして、SPINNS静岡店代表として参加させて頂いたことがきっかけでした。

その時に校長先生と、FB科の金田先生に様々な提案をさせて頂き、このSTEE企画をぜひご一緒にということで、今に至ります。

 

私自身が大阪美術デザイン専門学校を経て感じたことで、在学中に企業さんとの取り組みでリアルビジネス、世に出るチャンスをもっともっと若者に経験させたい!!という想いが一番でした。

今やSNSや、アプリなどで個々で世に出ることは安易ですが、本気で働いて本気で遊んでる大人との体験が、学生たちの社会に出てからの大きな糧になると感じてます。

 

STEE企画も第1回から、開催した後に先生と話し、お互いの想い、実現させたいことを共有しアップデートして行ってきました。学校の授業ではなく、学校全体から有志を集うかたちでしたので、第3回を行う前には、告知の為にほぼ全学科の授業にお邪魔し告知して回りました。

そこには、先生の、学科の壁を越えて静岡デザイン専門学校全体として学生も、先生もクリエイティブであってほしいと思いをお聞きし、自分にできる最大のことをさせて頂きました。

ここまでさせてくれる、静岡デザイン専門学校の懐の深さ、そして先生の想いが本気であることが毎回僕にとっても学ぶことが大きいです。

 

そして何よりも、自ら手を挙げ参加してくれた学生さんのエネルギーが毎回すごい!!

作品も、プレゼンも、それぞれ自分の言葉で表現し、伝えてくれるので、審査が正直難しかったです。。。。そのぐらい若者のエネルギーが満ち溢れた学校と、共創しつづけてることが何よりも嬉しく、自分自身のエネルギーにもなります。

毎回多くを学んばせて頂いてるのは、僕自身だと思います。

 

 

2020年は、さらに次のフェーズでのお取組を企画中です。

学校と、学生と、大人が共に学び、共に成長しあえる、そんな場所、時間にしていければと思います。


BACK