自分たちは何を売るのか?

自分たちは何を売るのか?

こんにちは。

SPINNSのプレスマーケティング部の部長をさせて頂いております。小柳と申します。

超簡単に自己紹介をします。

社歴は9年で、アルバイトスタッフとして入社

店長を4年

バイヤーを2年

プレスとして3年目です。

昨年から統括させて頂いており2年目になります。店舗出身で、業界では全然ぺーぺーの新米プレス部長です。

SPINNSのプレスのお仕事は超~簡単に一言でいうと

「自分達の価値観や、ワクワクやドキドキ、元気!」をお客様に伝えていく事です。

超簡単に言うとこんな感じで、実際の現場は、

・衣装の貸し出し

・全体のビジュアルの制作

・販促物の制作

・撮影

・コラボレーション企画

・商品企画

・ファッションショー

・店頭イベント

・公式SNSの運用

・YOUTUBE/店頭用動画の制作

・広告出稿

・コラボカフェの運営

等など・・・まだまだ書ききれない位の業務をチームのメンバーで動かさせて頂いております。

SPINNSのプレスマーケティングの業務は本当に幅が広いです!(笑)

※iphoneを変えて全くチームの写真がありません。(笑)

自己紹介はこれ位にして、店舗がコロナウイルスの影響で休業になり、リモートワークになって最近感じた事をここから書きます。

通販のみの営業になった為、商品部長、通販部長、部門長と毎週通販に対しての会議をしています。ここまで通販に特化して動ける時間って今まで無かったのですが、自動的にそうせざるを得ない状況となりました。

そして一つ一つの商品の「売り方」を僕自身がしっかり考える時間が出来ました。

https://www.spinns.jp/

接客も同じだと思うのですが、商品の「売り方」を考える時にまず、どんなシチュエーションで着るんだろう?使うんだろう?ってことを考えます。

また、こんな風に着てほしいな!これを着てこんな風な気持ちになってほしいな!っていう自分達の想いもあります。

「これを着ておソロでディズニーに行きたいな!」とか、

「これ着て○○○のLIVEいこ!」とか。

「このアイテムを着てちょっと明るい気持ちになってほしいな!」とか、

「オシャレをして気分あがってほしいな!」とか。

販売を促進するって事=「これ可愛いよ!」「おすすめだよ!」

って一方的に商品を紹介して、一方的にオススメをしてしまう。

ついついそうなっちゃう自分達が居ます。

そんな事に自分が気づいたのも、この通販会議を通して一つ一つの商品の「売り方」をゆっくり本気で考えるようになったからです。

接客が出来ない通販では、

バナーだったり、ページの中身の文言だったり、写真だったり、SNSがお客さんとの接客です。その中でこんな風に感じてほしいな~って事をお客さんに伝えていく事って凄く凄く難しい事ですし、知識や技術も必要です。

(自分達の課題でもあります。。。)

 

接客が出来ない通販で少しでも自分達が伝えたいことをメッセージ出来るように6月はお手紙を入れさせて頂きました。

「SPINNSってブランドを通してお客さんの笑顔が少しでも増えてほしい。元気になってほしい!」

って僕達は本気で想っているし、伝えたいなーと思って作りました!

SPINNSが売るモノは、「服」だけどそこに付随するコトや、伝えたい想いが凄く大事でそれをお客さんに伝えていくって事が自分達がしたい事です。

あ、そうそう!最近ブランドロゴも期間限定で変えたんです!いろーんな想いも込めてレインボーに!これに関しては触れるだけにしておくので、こちらから見てみてください!

期間限定ブランドロゴ変更のお知らせ

ここから店舗が少しずつ営業を再開していきます。

自粛空けのお客様に、バイヤーもプレスも店頭スタッフも皆で、お客様に明るい気持ちになってもらえるようなブランドSPINNSを再STARTしていきます!

終わり。


BACK