コロナ禍で行き場を失った国内古着を、お客さんとの信頼をベースに「無人」で販売する、新たな形態のお店をオープン

コロナ禍で行き場を失った国内古着を、お客さんとの信頼をベースに「無人」で販売する、新たな形態のお店をオープン

SPINNSはコロナ禍により行き場を失った国内 古着を「 無人販売」する 、新たな 形態の店舗を 2
月26日(金)に香川県高松市にオープン致します。

赤字になれば閉店。運営していけるようであれば 、新たに出店していく計画です。

 

【経緯】

現在コロナ禍により「 古着」が国内に溢れかえっている 状況 です。
理由としては、おうち時間の増加 により家庭の整理整頓から出る古着 や、海外主に新国 へ輸出していた古着 が、コロナ禍により輸出困難な状況に陥ったことがあります。
※自治体によっては古着の回収 をストップ している所もあります。

SPINNSは古着屋として設立し、以来28年間古着業界と携わってきました。
このような現在の業界の状態をなんとか良くし、古着を循環していくことができないか?と考え今回の店舗をオープンさせます。

 

■店舗名
The FCLC Supermarket ( エフシーエルシースーパーマーケット)

■金額

ALL500 円

■販売方法

店内ポストへの入金

■店内ルール
①店主はいません。無人の販売店舗です。

②基本は1着500円円ですです。

③お金は店内奥のポストに入れてください。

④無人のためお釣りは出ません。ご了承ください。

⑤自分のことは自分で行ってください。みんなのために!

⑥洋服の陳列、お店の掃除を行ってくださった方は洋服を持って帰っていただいてもOK!!

支払い金額をへらすのもOK!分け合い、助け合いの心で人が集うと思っています。

そうなることで商店街もより良くなると!

⑦店内のマネキンが恥ずかしい格好になっていたら着せてあげてください。お子さんに洋服を着せていた時、人形に洋服を着せていた時を思い出し、懐かしさを楽しんでください。

⑧コロナの影響もあり、現在日本では輸出できない洋服で溢れかえっています。

⑨今回やってみて赤字であればやめておきます。笑

お客様と事業者の「壁」を取り取り、みんなで「やさしい社会」を作りましょう!


BACK