楽学塾

楽学塾

10月7日に「楽学塾」が開催され、僕も数年ぶりに参加しました。

 

「楽学塾」とは???
SPINNSの創業者であり、現在の会長である出路 雅明が20年以上行っている、楽しく 学ぶ 塾(仕事)です!

社員一人一人が仕事をする上での「心と技」の基本中の基本であり、ヒューマンフォーラムの根幹をなす想いを伝えてもらう場で、社員全員が受講しています。

 

僕たちは、そこで自分自身の人生形成、人間形成にとっても大きなことを学び、日々の「生きる」ってことを楽しんでいます。

 

 

楽学塾のはじまりに、出路より「学ぶとは?」って考えたこともないような質問を受けます。

楽学塾的には、、、

「知って!納得して!行動して!習慣にして!集団行動にする!」というのが学ぶの定義になります。

 

学生時代の「学ぶ」は、、、

授業で知って、納得してなくても暗記して、テストで書ければOKというような感じだったでしょう。

 

でも、仕事となるとそうはいかないですよね。

 

知って、納得して、行動して、「習慣」になるまで続けて、

最後は集団の行動にまで影響を及ぼして始めて「学んだ」と言われます。

 

例え、良いことを学んだとしても、行動しないと何の意味もないですもんね!

行動しても、習慣にならないと身につかないですもんね!

習慣にして身に付いたら、人に良い影響を与えるのって、人間として当たり前のことですもんね!

 

楽学塾には、「守破離の守」と 「仕事とは?」の2つのコースがあります。

 

「守破離の守」のコースでは、

当社の理念、、使命、ビジョン、当社ヒューマンフォーラムスピリッツ、行動指針に込められた大切な想いを聞き、企業や仕事としての「守破離の守」を超えて、人としての「心と技」の【基本中の基本】を伝えています!

「守破離」とは、、、

茶道の開祖である千利休が修行のプロセスに合わせて作った言葉だそうで、

簡単に言うと 、

【守】は、基本を徹底の時期

【破】は、アレンジOKの時期

【離】は、オリジナルOKの時期と言う修行の段階を指すことになります。

「仕事とは?」のコースでは、

上司との【つながり】(関係性) 、
部下との【つながり】(関係性)、
仕事との【つながり】(関係性)においての大切な「考え方」と 、
関係性をよくする「動き方」を徹底的にお伝えします!

 

「思考」と「行動」になります!

過去、仲間が辞めていく原因は、ほとんどが人間関係でした。
それを何とかしたくて作ったのが「仕事とは?」コースで、
結果的にそれは、人生すべての「関係性」に役立つ、「考え方」であり、「動き方」でした!
どちらのコースも出路や仲間達が、創業以来28年間のプロセスで辛い想いをし、

気付かされたこと、 失敗のたびに学んできたこと、成功し仲間と喜び合ったことなど

共に味わってきたことの集大成であり教訓が詰まってます!

 

 

 

 

僕自身も初めて楽学塾を受講したのは15年くらい前になります。

 

社会のことも、

人とのつながりや関係性などまったく考えたこともなく、

感銘を受けたのは、今でも覚えています。

 

また、

こうやって、定期的に受講する中で、いつも初心に戻ることができます。

 

まだまだ、いろんなことにおいて、

楽学塾での学びが集団行動になったとは思っていませんが、、、

僕たちは、ここでの根幹にある想いや考え方、動き方をタ大切に、

日々、お仕事をし、人生を過ごしています。

 

そして、この思考や行動の考え方が大好きで、

これが世の中に広がったら良いなー、

もっと多くの人に知ってほしい、伝えたいとも思います。

 

そのために、日々の仕事を頑張っているかもしれません!笑

 

最後に、そんな楽学塾を出路がユーチューブにアップしていっているので、

是非、お時間のある方は見てみてください!笑


BACK